ダイレクトメールを送る時に欠かせないのが圧着ハガキ

サイトマップ
DM

広告郵便で顧客に個別情報を提供したい時は圧着ハガキがおすすめ

セールのお知らせ

広告郵便のダイレクトメールは、顧客や会員の方に直接情報提供できるツールとして告知やPRに大変役立ちます。より個人的な情報を提供したい場合は、ハガキよりもプライバシーが守れる封書などが適しています。しかし最近はこの封書の広告郵便に変わって、同等の機能を有する圧着ハガキが登場しています。ハガキを折り込んで圧着する仕組みがあり、剥がしやすい特殊な加工が利用されています。
圧着ハガキは、封書と同じくらいの情報量を提供できる上に郵送料が少なくて済むという、優れた広告郵便と言えます。圧着する中面は外から見えず、ここに個人的な情報を掲載できます。具体的な事例としては、会員の方にポイント残高や有効期限をお知らせして利用を促すようなダイレクトメールです。会員の方も期限切れ間近のポイントが残っていることが分かったら、何とか利用しようと考えるでしょう。
同様に色々な個別情報が提供できますから、工夫次第で圧着ハガキは効果が高いダイレクトメールにできます。印刷も圧着も専門業者に依頼して制作でき、オーダーはネットからでも可能です。専門業者のサイトを見ると、折り方のタイプや圧着の種類なども色々あることが分かります。よりたくさん情報を提供したい場合は、折りの数が多いタイプを選べばよいでしょう。新しい形の広告郵便として、効果が上がるDM発送に役立てていきましょう。

広告郵便の圧着ハガキは販促アイデアが活かせるツール

広告郵便のダイレクトメールを活用して販促に役立てる企業が多いのですが、開封率の悪さが課題の一つになっています。特にハガキのダイレクトメールは見ることなく捨てられるケースも多く、その費用対効果の低さが目立っています。広告郵便を封書で出す場合はそれより開封率がアップし、プライベートを確保できるため個別の情報提供も可能です。特別なチラシなども同封でき、ある程度の販促効果が見込めます。
しかし封書の場合は、費用が嵩む傾向があるため利用しにくいケースもあるようです。このような封書やハガキのデメリットをカバーできるスタイルの広告郵便として、圧着ハガキが人気です。たくさんの情報を盛り込める工夫があるハガキで、シークレットな情報も送れます。見開きや蛇腹のような折りを利用して圧着するという画期的な形状のハガキになります。圧着ハガキは専門業者に依頼して制作します。
圧着面は手で楽に剥がせ、開いた面は外から見えない構造になっています。そのためハガキでもシークレットな情報を提供できます。ハガキを剥がす作業が加わることで、好奇心から開封する方が多いというメリットがあります。シークレット情報を送れるため、上顧客に特別なイベント案内やお得情報を送れます。また来店や購入促進を促すような、特別なお知らせも可能です。このように圧着ハガキは販促アイデアを色々盛り込めるツールとして、益々その利用が増えそうです。

広告郵便に良く使われる圧着ハガキのメリットとは?

ダイレクトメールなどの広告郵便に良く使用されている圧着ハガキ。誰もが一度受け取ったことがあると思います。この圧着ハガキには宣伝効果が格段にアップする素晴らしいメリットが隠されているのです。圧着ハガキは最初閉じられている状態で郵送されてきます。受け取り人は、ハガキを開くことによって中の情報を確認できます。
このひと手間を行うことによって内部に書かれている情報により集中しやすくなり、セールなどの受け手にメリットと魅力が高い内容だとより強い興味を持ってもらいやすくなります。
また、単純に普通のハガキと比べて掲載できる情報の量が増えます。文字だけでなく写真やイラストなども入れてより受け取り人が読みやすい内容を心がけることも可能です。広告郵便では、大切な顧客情報も扱うので、中が閉じられている圧着ハガキは情報漏洩などの心配もなく、送りても受けても安心してやり取りができます。
お店を経営されている方などは自身で広告郵便を顧客に送るということも珍しくないでしょう。一度圧着ハガキの作成を専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。業者によっては期間限定のキャンペーンなどで特別お得な料金設定をしているところもあります。ぜひ一度検討してみてください。


ハガキを利用したい企業の皆様、圧着ハガキをご利用したいなら『ユニオン印刷株式会社』へご相談ください、業界最速を誇りさらに低価格で依頼ができます!

最新記事

TOP